趣味で心を豊かに 日記を交えてハルヒロう

僕の趣味探しを目的に、日記を書きながら綴るブログです。

監督・脚本の力は偉大なり

小説読んで、原作より良かった!と思った作品
アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂幸太郎さんが書いた小説ですが、映画監督が良いようで原作の良さに加え原作と変えた部分も好印象に仕上がっていました。
監督は中村義洋さん。この二方コンビはその後も何作か映画化しいずれも良い出来栄えでした。(私がみたものは)

監督・脚本の力は偉大なり

そう思わされざるを得ませんでした。

余談ですが、「アヒルと鴨」のDVD発売時、雑誌で情報を紹介していたのですが、その説明が全く内容と違うものでした。
ああ言った雑誌で紹介する方々は想像で書いてんでしょうかね?

広告を非表示にする